トップ > 東京やき豚

昭和二十二年創業、肉のたかさごの代名詞

東京やき豚

東京佃の地で精肉店として親しまれてきた肉のたかさご。
お店の名物として長きにわたってお客様に愛され続ける看板商品、
「たかさごの東京やき豚」のこだわりをお伝えします。

当店のやき豚は、地元の方をはじめとする多くのお客様からご注文をいただいております。
通販をスタートさせてからは遠方のお客様からもお取り寄せでご用命いただけるようになり、
こだわりの商品をより多くの方にお召し上がりいただけるようになりました。お客様からは嬉しいお声をたくさん頂戴しております。

  • おつまみやラーメンにピッタリ!
  • 絶妙な味付けでボリューム満点!
  • 後引くたれでついついご飯が進む!

七十余年お客様に愛され続ける
「たかさごの東京やき豚」

ABOUT

創業以来育んできた秘伝のたれは、幅広い年齢層のお客様に愛されてきた伝統の味。甘めのたれがしみたジューシーなやき豚は、各界著名人の皆様からも長くご愛顧をいただいております。

厳選された豚肉を使って職人が一本一本手作業で焼き上げているので、冷めても柔らかくしっとりとした味わい。肉のプロが丹精込めてお作りしたやき豚を、ぜひご賞味ください。

東京やき豚のご購入はこちら

東京やき豚のこだわり

KODAWARI

  • 味が引き立つ肩ロース

    脂の甘みと旨味があり、豚特有の臭みが少ない品種を厳選。その中でも長く煮込んでも形が崩れず、肉質のしっかりした肩ロースを使用しています。豚肉の旨味を増幅させるため、仕入れた後に熟成させます。

  • 作業で丹精込めて

    豚肉の形が崩れないよう職人が1本ずつ丁寧に手作業で整形。塩や香辛料で下味をつける際は、肉の大きさや脂の乗り具合に併せて量を調整し、1本1本手振りで行います。その後寝かせることで、肉に味を馴染ませていきます。

  • の旨味を閉じ込める

    やき豚専用に特注した鉄板で余分な脂を落とし、旨味を逃がさないように表面を焼きつける工程です。香ばしさを引き出しつつも硬くならないよう、職人が長年の経験をもとに手作業ですべてのやき豚を均一に焼き上げます。

  • 業以来の秘伝のタレ

    自慢のたれは創業以来の継ぎ足し。専用にブレンドしている醤油をベースに、砂糖やみりんで甘めに仕上げています。数時間かけてじっくりと煮込むことで、たれの旨味がしみたジューシーなやき豚が出来上がるのです。

味の町東京佃で長く愛される、肉のたかさご謹製「東京やき豚」

もっと東京やき豚の美味しい食べ方

HOW TO EAT

  • 半熟卵とご飯でやき豚丼

  • いつものラーメンを豪華に

  • 季節の野菜と一緒に炒め物に

  • チャーハンのアクセントに

東京やき豚のはじまり

昭和三十〜四十年頃、下町の商店ではお得意様のお宅へ御用聞き伺いをし、配達するという習慣がありました。二代目社長(現会長)が高校生の頃。親の手伝いとして店の御用聞きや配達をしていたある日、配達先のお客様から突然「あなたの店の名物は何?」と質問されました。真面目な性分の二代目は思わず「このやき豚です!」と、たまたま手に持っていたやき豚を指しました。それをきっかけに「言ったからには、とことんやき豚にこだわって本当の名物にするぞ!」と心に決め一意専心、やき豚に適した豚肉を模索し、最も相性の良いたれの開発に没頭していったのです。

東京やき豚のご購入はこちら

各種ギフトGIFT

各種ギフト

各種ギフトに対応しております。内祝、お中元、お歳暮などお熨斗をご希望の場合は無料でお付け出来ますので、備考欄にご記入ください。

ギフトについてはこちら